Domani è il vento di domani~川崎と共に~

サッカーときどき気になったことを書くブログ

【総評】Jリーグ第29節 川崎フロンターレvsベガルタ仙台

f:id:tanu_f:20170408212117j:plain

※画像はイメージ

フラストレーションがたまる試合だった。10月14日、等々力陸上競技場で行われた明治安田生命J1リーグ第29節 川崎フロンターレvsベガルタ仙台の試合で主審は池内明彦氏。前半はカードを提示し試合をコントロールしていたが、後半はファールを流しバランスをとるレフェリングを披露。結果として判断基準が前後半で180度変わってしまうなど選手・サポーター共にイライラが募る試合となってしまった。ではプレビューを見ていこう。 

<等々力に見えた虹 待っていたのは等々力劇場>

  前半から荒れていた。前半23分、相手PA内でシミュレーションをして家長選手がイエローカードをもらうと42分には味方選手が倒されたのにも関わらずファールを取らなかった主審を前に、相手選手に報復行為と取られてしまう軽率な行為をし、2枚目のイエローカード。退場となる。前半45分+2分。仙台の選手がオフサイドポジションにいたため、副審はオフサイドのフラッグを挙げていたがクリアボールを三好選手が保有。この場面であれば通常、オフサイドは取られにくいのだが、オフサイドを取りチャンスを潰す。このように川崎のチャンスになりそうな場面で仙台のオフサイドを取るなど基準がバラバラな状態で試合が続行された。

 前半終了間際のアディショナルタイムには仙台・野津田選手に決められ前半を0-1と仙台リードで折り返す。前半終了と同時にスタジアムに鳴り響いた声は声援ではなくブーイング。温厚と呼ばれる川崎サポですらブーイングをする光景に唖然とした人も多いのではないだろうか。

  仙台リードで迎えた60分。ふわりと浮かせたクロスに仙台・石原選手がヘディングシュートを決め2点のリードを得る。ここからが等々力劇場の幕開けだった。82分、持ち前のパスワークを見せ車屋選手からエウシーニョ選手へ。PA外からミドルシュートを放ちゴールの左隅に決める!これで川崎と仙台の差は1点差。84分には自陣でボールを奪って車屋選手が小林選手に大きなパス。これを小林選手が冷静に相手をかわしシュート。キーパーも取りづらいグラウンダー性のシュートがゴール左隅に決まって追い付く。

 会場のボルテージは最高潮に達し、鳥栖戦の再来が脳裏をよぎった。その“イメージ”は現実になった。87分に仙台ボールをインターセプトした長谷川選手が相手陣内の深いところまでボールを運び左サイドにいた小林選手へパス。パスを受けた小林選手が相手をかわしてシュート。これが相手に当たってコースが変わりゴール右隅に決まる。川崎逆転!まさに等々力劇場!

 アディショナルタイムには相手のシュートがクロスバーに当たるなどひやひやした部分はあったが、無事にアディショナルタイム4分を終えた。試合終了のホイッスルが等々力に鳴り響く。ピッチに倒れ込む選手なども出てきており、その激しさがうかがえる。ルヴァンカップ準々決勝から仙台3連戦。正直辛い部分もあっただろうが、2点のビハインドを5分でひっくり返す今年の川崎には期待ができる。次節は広島戦。一昨年の広島戦も同じ時期に行われており勝てなかった。鹿島を追走する上で負けは許されない。

新潟残留への救世主になるか?!河田2発で同点へ

試合概要

f:id:tanu_f:20170129161516j:plain

 9月23日、J1第27節 札幌2【札幌ド】2新潟が行われた。前半45分+7分、早坂の得点でホーム札幌が先制。前半を1-0とリードする展開で折り返す。後半11分。札幌のへイスが追加点を挙げ2-0と新潟を突き放す展開に。

 一般的に2-0は危険なスコアだといわれている。本当に危険なスコアだった。前半30分にFWの富山と交代して入った河田がドラマを描いたのだ。

 後半30分、コーナーキックの場面で遠めからヘディングシュート。キーパーは前に出ていたせいでボールを取ることができずそのままゴールラインを割り、1点を返す。ここからだった。新潟は攻めの姿勢を貫き、札幌は守りに入る。ここが札幌のまずかった点だろう。

 後半42分、またもやコーナーキックの場面。ふわっと大きく上げたボールは選手の上を通り越して逆サイドへ。ソンフジュンが追い付き、中へクロスを上げる。チャナティップとの競り合いに勝った小泉が細かいところをつないで抜け出し、グラウンダーのクロス。そこに居た河田がゴールにきっちりと決め同点。

 その後も新潟は攻める姿勢を貫くも精度を欠き逆転には至らず、勝ち点1を手に入れる結果になった。

今日のヒーロー!河田篤秀!

f:id:tanu_f:20170923180204j:plain

(出典:Jリーグ)

 

 ここで私が関心を寄せたのは2ゴールを挙げた河田篤秀選手だ。この試合、河田選手はJ初ゴールを決めている。2017年4月に行われた横浜FM戦でデビューを果たしているが、全てベンチからの出場。そして出場時間も20分に満たなかったが、今節は違った。

 もともと河田選手はアルビレックス新潟シンガポールに居た選手だ。2016年11月に”逆輸入”という形で下部組織・シンガポールから完全移籍で獲得。シンガポールでは43試合19得点を挙げるなどFWとして貢献していた選手と言えるだろう。

 そして今日、憧れだったJの舞台で2ゴールを決め、本当の意味でのデビューを迎えた。河田篤秀という名をアルビレックスサポーターは忘れないだろう。

編集後記

f:id:tanu_f:20170313202832j:plain

 この数試合、アルビレックス新潟は得点が取れるようになってきている。残すところJ1もあと7節。最下位に沈む今、残留は厳しいだろうという見方も多いが、サッカーは常に0-0から始まる。90分間でどれだけのドラマを生み出せるのか。そして河田篤秀はどこまで我々に良い印象を残せるのだろうか。そこに注目して残りの試合を見ていきたい。

【追記あり】気を付けよう!auの新プログラム「アップグレードプログラムEX」は複雑

皆さん、こんばんは!
管理人のたぬぽんです。
今日のエントリーは「アップグレードプログラムEX」について。
では見ていきましょう!

 

 

アップグレードプログラムEXとは?

アップグレードプログラムEXとは、auが提供するプログラムのひとつです。
スマートフォンを買い替える際に加入することができ

月額390円

で利用できます。

f:id:tanu_f:20170815233219p:plain

(au by KDDI 公式サイトより)

このように端末を24カ月使えば
次のスマートフォンに買い替える際に
旧端末の機種代を負担しなくても良いことになっています。

すごくお得なプログラムに見えますよね。
しかし!ここに複雑な罠が存在します!
では見てみましょう。

その①:端末代金は48回払い

実はアップグレードプログラムEXを使った場合、
端末の分割回数は48回になります。
48回払いというのは48カ月(実際には50カ月)になりますので、
4年間支払いをしなければなりません。
4年もあればスマートフォンも進化していますので
支払いが終わった頃にはもうその端末はスペックがとても古くなっている
ということもあるかもしれません。

その②:解約したらプログラム料は返ってこない

アップグレードプログラムEXは解約した場合、条件を満たせばプログラム相当額がポイントとして返還されますが、条件を満たさなかった場合は返還されません。

返還されるケース

返還されるケースは「4GLTEの端末を購入しておりauピタットプランまたはauフラットプランに加入しており、端末を48回払いで購入しており、機種変更時に特典を利用しなかった場合」のみです。これ以外のケースですと、プログラム料は返還されません。つまり、加入時は条件を満たしていたが途中でプランを変更してしまった場合は適用外になるので、すでに支払った分は返ってこないということになります。

返還されないケース

ケース1:25カ月目以降にプログラムを解約した場合

そうそう無い話ですが25カ月目以降にアップグレードプログラムEXを解約した場合はプログラム相当額の返還はありません。24カ月目以降はプログラム使用料はかかりませんが、解約してしまうと返還を受けられなくなってしまうので注意しましょう。

ケース2:24カ月目以前にプログラムを解約した場合

端末購入後、「やっぱり廃止したい」ということで解約した場合はプログラム相当額の返還はありません。

その③:旧端末の返却が必須

アップグレードプログラムEXを利用した場合、旧端末の返却が必須となります。返却期限は特典を利用した翌月末。

もし仮に端末を返却しなかった場合、特典は無効となりアップグレードプログラムEXを使うことはできません。必ず返却するようにしましょう。

その④:旧端末の機種代が二重でかかってくるケースがある

アップグレードプログラムEXを利用せず機種変更を行った場合、旧端末と新端末の機種代が同時に課金されます。

例えば次のようなケースがあるとします。

端末A→2017年8月に48回分割で購入。機種代金72,000円。
端末B→2019年8月に48回分割で購入。機種代金48,000円。

端末Aを2017年8月に購入し、2年経過した2019年8月に端末Bに機種変更をした。この時、アップグレードプログラムEXを利用せずに機種変更をした。

2019年9月以降、旧端末Aの機種代金1,500円に加え、新端末Bの機種代金1,000円を加えた2,500円が請求されます。

少しおかしい気がしますよね。古い端末を使わないのに機種代金を支払い続けるのは少しもったいない気がします。実は、アップグレードプログラムEXやauピタットプランには毎月割が存在しません。

そのため月々の負担金額を減らしているように見せて、実は支払期間を延ばしているだけに過ぎないのです。ピタットプランなど毎月割が付かないプランは逆に高くなっていますので注意しなければなりません。

もしかすると、auは機種代金の支払期間を長くすることで安くなるように見せかけているだけかもしれません。

携帯電話を買い替える際には、月々の利用料金だけを見るのではなく、長い目で見て決めるとお得に買い替えをすることができるかもしれませんよ。

 

【追記1】アップグレードプログラムEX(a)の提供を開始

auは9月22日よりアップグレードプログラムEX(a)の提供を開始しています。これはアップグレードプログラムEXのiPhone

24回払いでの端末購入を条件に、13カ月目以降の機種変更時に端末代金の未払い分のお支払いが不要になる新しいアップグレードプログラム

(引用元:au by KDDI)

となっています。アップグレードプログラムEXは48回払いだったのに対し、アップグレードプログラムEX(a)は24回払いですので紛らわしいですね。月額料金は390円(非課税)となっており、その他の条件は一切変わりません。

【追記2】スーパーカケホ(a)の提供を開始

auは9月22日よりスーパーカケホ(a)の提供を開始をしています。これはスーパーカケホのプランにアップグレードプログラム(a)を組み合わせたプランとなっており、月額2,390円に加え、データ定額料を支払えばアップグレードプログラムが付いてくるというプランです。

アップグレードプログラム(a)はiPhoneのみ対応となっており月額料金はかかりません。もしかするとアップグレードプログラム(a)はピタットプランやスーパーカケホ(a)に加入していると付いてくるもので、返金制度がない代わりに月額料金はかからないのかもしれません。この点はまた情報が入り次第、随時追記していきたいと思います。

 

※この記事は私個人の意見です。誹謗中傷等はおやめください。しかるべき対応を執らせていただく場合もあります。

 

【追記あり】auが新プラン!その名も「auピタットプラン」。でも実態は割高?!

f:id:tanu_f:20170714220226p:plain
au公式ホームページより引用)

 

 皆さんこんばんは!管理人のたぬきちです。今日は先日発表されたauの新料金プラン「auピタットプラン」について詳しく解説していきます。

実はこのプラン、割高だって知ってましたか?では見ていきましょう。

 

ピタットプランとはなんぞや?

ピタットプランとはauが発表した新料金プランです。7月14日より受付が開始されており、実際にプランを変えた方も居るようですね。ビッグニュースキャンペーン割を使うことで最初の1年間は月々1,980円から使うことができます。格安スマホにも劣らないこの価格は非常に安いと感じますよね。ここが罠なんですよ!!!!

ピタットプランが割高な理由

その①:データ通信料が従量課金制

f:id:tanu_f:20170714220226p:plain
(au公式ホームページより)

まずこの画像を見てください。これはauが公式ホームページで公表しているピタットプランの利用額一覧です。(シミュレーション条件:auピタットプラン(スーパーカケホ)+誰でも割+ビッグニュースキャンペーン+auスマートバリュー)

この表を見ていただければわかると思うのですが、

データ通信料は従量課金制です。

毎月1GBまでであれば、1,980円で利用できますが、2GBまでであれば2,980円となっています。今までであれば、データ定額ということで「毎月6,000円で20GBまで使い放題」というプランでした。しかし、ピタットプランの場合は使ったら使った分だけ料金が跳ね上がる仕組みになっています。

例えばデータ定額3を使っている人が居たとします。今までであれば約5,000円前後で使えていた料金が3,480円に下がるのでお得に感じますよね。

しかし、データ定額3の場合はデータ容量を超えた場合は自動的に低速回線に切り替わります。そのため使いすぎていることに気づきます。

auピタットプランの場合、自動的に低速回線に切り替わらず上限である20GBを超えた時点で低速回線に切り替わります。この段階で、5,480円課金されていますので割高になってしまう可能性があるのです。

つまり使えば使うほど料金が跳ね上がっていってしまうので、スマートフォンのデータ通信量制限機能を使って自主規制をかける必要があるということですね。

その②:ビッグニュースキャンペーンは期間限定

f:id:tanu_f:20170714222103j:plain
(au公式ホームページより)

先ほどからちょくちょく出てきているauビッグニュースキャンペーンは、新規契約または機種変更の際にauピタットプランまたはauフラットプランに加入した場合に限り、翌月から1,000円割引するというキャンペーンです。

このキャンペーン、実は1年しか有効ではありません。auなどのキャリアは2年縛りを前提に契約していますので、残りの1年はキャンペーンが適用されない料金で支払いをしなければなりません。

またキャンペーン期間も決まっています。それは7月14日から12月31日までの期間です。この期間中に新規契約・MNP・機種変更をし、料金プランを変更しなければ適用されないので注意しましょう。

その③:毎月割が廃止!!

実はauピタットプランに加入すると毎月割が廃止されます。毎月割とはauで端末を購入した際に、毎月〇〇円割引しますよといった端末購入サポートのような割引です。多くの場合、端末料金の半額になったりその程度に近くなったりするので多くの方が恩恵を受けていたのではないでしょうか。

従来であれば毎月割が毎月ついていたと思いますが、auピタットプランに変えるとこれが廃止されます。そのため、端末代金はすべて自己負担しなければなりません。

その④:iPhoneは適用外→適用へ

auピタットプランはiPhoneは適用外です。そのため従来通り、高い値段で利用しなければなりません。どうしても大手キャリアがいいという場合はそのままでいる必要がありますが、格安キャリアが提供するiPhoneでもいいというのであればワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルであればソフトバンク系列ですので電波も安定していますし、格安スマホなので月々お得にiPhoneを利用することが可能です。しかし、型落ちモデルになりますのでその点だけ覚えておきましょう。

 

【2017年9月23日追記】

 auは9月15日にiPhoneでもピタットプランの適用ができるようになったと発表しました。そしてiPhone8の発売日である9月22日より適用開始。同時にビックニュース割の加入もできるようになったため、2017年12月31日までに新規契約または機種変更時を行い、auピタットプランに加入すれば毎月の通信料金から1,000円が割り引かれ1,980円から利用できるようになります。

その⑤:端末代金が48回分割になる

auピタットプランに加入する場合、アップグレードプログラムEXに加入させられる恐れがあります。auショップによっては販売促進費を得るために加入を必須としている場合もあり、このプログラムに入ると端末購入代金を48回払い、すなわち4年払いにさせられます。月々390円のプログラム料(25カ月目以降は不要)を支払い、25カ月経過すれば新たなスマートフォンと交換できるというサービスです。(旧機種は回収。)

正直、アップグレードプログラムEXは不要なサービスだと筆者は考えていますので余計なオプションだなと感じています。

 このようにauが発表したピタットプランは現行プランに対し、お得ではないことが分かると思います。実際に、お客様から「全然安くないじゃないか!」という声をいただいたそうです。メリットだけを全面に出すのではなく、デメリットも紹介できるようになればauは今後も生き残れると私は思います。

※あくまでも個人的な意見です。誹謗中傷行為はおやめください。

 

これで終わりではない!川崎Fが旭日旗問題で上訴することを発表

川崎Fは判定を不服とし上訴する意向を固める

f:id:tanu_f:20170129161516j:plain

 4月に韓国・水原で行われたACL(アジア・チャンピオンズリーグ)グループステージ水原(韓国)vs川崎フロンターレ(日本)戦で事件は起こった。試合中、川崎Fの応援側にいた男性2人が旭日旗を掲げ試合を観戦していたという。旭日旗は係員によってすぐに没収されたが試合後、水原のサポーターが川崎側に乗り込んで、暴力行為を働いた。けが人こそ出なかったものの、新たな火種を作ってしまったのは事実だ。

 後日、ACLを統括するAFCアジアサッカー連盟)は川崎Fに対し、政治的意図があったとし、制裁金と無観客試合(執行猶予付き)が言い渡されたが、暴力行為を働いた水原側にはおとがめなしだった。川崎Fは、「旭日旗は差別的意図が無い国際的に認められた旗だ」と反論したが聞き入られることはなかった。これで事態は収拾したかと思われたが実は違った。

J1川崎は8日、韓国で行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の水原戦でサポーターが旭日旗を掲げ、アジア・サッカー連盟(AFC)から執行猶予付きの無観客試合開催などの処分を科されたことを不服とし、AFC内の委員会に上訴すると発表した。14日までに千ドル(約11万円)の手続き金を支払い、上訴理由をまとめた書面を提出する予定。

(引用元:【サッカー】旭日旗問題、川崎がAFCに上訴 無観客試合処分 - 産経ニュース

 このように事態は収拾しておらず、川崎は処分が不服として上訴すると発表した。上訴には手続き金がかかるが、旭日旗が政治的・差別的意図を含まない旗であることを明確にしなければならない。これは日本サッカー協会も同じ思いだ。もし、ここで処分を受け入れてしまえば旭日旗=政治的・差別的意図を含む旗として認識されてしまう。川崎の反応は素晴らしいものであるといえるだろう。

 なぜ旭日旗はいけない旗なのか

 話は2011年1月に行われた日韓戦にまでさかのぼる。120分戦ったが決着はつかずPK戦にまでもつれ込んだあの試合を覚えている人も多いのではないだろうか。結果は日本が勝利を収めたが、あの試合の中である出来事が起こる。

それはこのパフォーマンスによるものだ。

f:id:tanu_f:20170709155641j:plain

 

 韓国代表MF・奇誠庸キ・ソンヨン)が前半23分に決めたPK後のパフォーマンスで、日本人を蔑むような猿真似をしたのである。当然ながら、FIFAなどの規定により人種差別は禁止されており、これも処分対象になると思われた。

 結果は違った。奇誠庸は「観客席に旭日旗があって涙が出そうだった。僕は選手である以前に大韓民国の国民だ」と弁明し、処分が下らなかった。なお、奇誠庸は自身のTwitterで「日本人を馬鹿にしたパフォーマンスだ」といっており、差別的意図があったのは明らかである。

 この事件がきっかけで旭日旗=悪い旗という認識が韓国の国民に植え付けられ、現在に至る。言い換えてしまえば、2011年のこの試合より前は旭日旗を掲げていても何の問題もなかったのである。このように韓国では主張がころころ変わり信ぴょう性を確保することはできない。要は自分さえ良ければそれでいい国なのだ。

 話は変わるが2011年3月に東北沖を震源とする東日本大震災が起きた。その時、世界は日本が立ち直るよう支援物資を送ったりメッセージを送ったりしていた。隣国・韓国は違った。「日本の震災をお祝いします」という横断幕を掲げていたのだ。明らかに差別的意図がある行為だ。当然、こちらも処分はなし。AFCは韓国に支配されているといっても過言ではない。

 もし、今後も同じような日本側に不利な判定が続くようであればアジアサッカー連盟を脱退するのも良いかもしれない。日韓戦、日中戦では何をしても許されると思っていれば大間違いだ。

 

1皿120円?!横浜で本格的な寿司を楽しむなら

※本記事はレビューブログの情報提供により執筆しています。

 

すし三崎丸や持ち帰り寿司で知られている京樽が横浜に新しいお店をオープンさせました。

その名も「日本橋 粋 -SUI-」。

このお店、回転寿司であって回転寿司ではないんです。寿司のネタは横浜中央卸売市場より仕入れており、獲れたての魚を味わうことができます。また、寿司屋ではなかなかでないであろう鮪のほほ肉のブラウンソース煮込みなどが出されているなど、通常ではありえないメニューも取りそろえられています。

店内は広くカウンター席やテーブル席なども用意されており、注文はタッチパネルで行います。さらに個室も用意されており、宴会や祝い事の席などで利用できるのではないでしょうか。

ここで、ひとつイベントの紹介をさせてください。

6月17日(土)・7月15日(土)・8月19日(土)には店内でマグロの解体ショーを実施します。各日ともに14時ごろから行う予定になっていますので、ぜひ訪れてみてください。詳しくは京樽のホームページを参照してみてください。

 

いかがでしたか?私はこのお店行ってみたいなと思いました。京樽が運営しているお店ということもあり、興味本位で行ってみたいとも感じるのですが、寿司屋で煮込みを食べてみたいという気持ちもあります。また、ドリンク類も充実しているようで、新鮮な寿司と煮込みなどと一緒に堪能できればなと感じます。

1皿120円(税抜き)~という値段設定も良心的で、学生の私にとっても行きやすくうれしいですね!個室は予約ができるということなので、人数を集めて訪れたいと思います。

 

それではまたお会いしましょう!

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

後半終了目前の悪夢が新潟を襲う

5月28日、明治安田生命J1リーグ第13節 ベガルタ仙台vsアルビレックス新潟の試合がユアテックスタジアムにて開催された。

新潟は前節、監督交代後初となる勝利を挙げており、幸先がいいように思われた一戦。ではプレビューを見ていこう。

f:id:tanu_f:20170129161516j:plain

 

前半開始

前半3分。まずは仙台にチャンスが訪れる。相手ペナルティーエリア内でボールの奪い合いの後、奥埜選手がシュートをするも相手DFに阻まれゴールならず。クリアボールを拾い、シュートを放つも枠の外。

さらにこぼれたボールを拾うものの、相手に阻まれスローインへ。両チームともに見せ場無くして前半を0-0で折り返す。

後半開始

後半2分。新潟DFがクリアしたボールをホニ選手がひとりで運んでシュート。平岡選手が戻り1対1というシーンを何とか防いだ。その後のコーナーキックでは得点を奪えなかった。

後半10分。仙台の攻撃。コーナーキックから松島選手がヘディングで合わせるも枠の上。ゴールならず。

後半16分。新潟の攻撃。相手のパスミスからボールを奪うと小泉が左サイドの山崎に流してチアゴ選手が流し込み新潟先制。

仙台はカウンターを食らう形になった。仙台0-1新潟

悪夢の始まり

このまま試合は終わるだろうとみられていたが、ここから悪夢の始まりだった。

後半38分の出来事である。クリスラン選手がペナルティーエリア内で倒されPK獲得。クリスランが落ち着いて決めて仙台同点。仙台1-1新潟

続く後半39分。クリスランがミラクルゴールを発動し仙台逆転!長門のクロスをトラップしてシュート。ゴール右に決まった。このまま試合は終了し仙台が大逆転で試合を決めた。

クリスランのPKは正しいか

クリスランがPA内で転んでいたが、映像を見る限りではダイブにしか見えない。どう見ても足がかかっているとは思えないからだ。しかし、実際に私は目で現場を確認していないので、とやかく言うことは避けたい。

主審にも間違えはあるだろうしね。アルビレックス新潟は降格圏内に沈んでいる。ロペス新監督になってまだ2節。J1もまだ半分以上あるので、しっかりと立て直して残留に向けて頑張ってほしい。

 

※この記事は管理人の意見であり、所属する団体などの意見ではありません。誹謗中傷等が見受けられた場合は法的措置も辞さない考えですので予めご了承ください。